さくらプロジェクトのブログ

タイ北部チェンラーイで活動する山地民の子どもたちのための教育支援NGO「さくらプロジェクト」代表の三輪隆が綴るさくら寮での日々

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2000年度

2012/04/13 22:54 ジャンル: Category:さくらプロジェクト活動年表
TB(0) | CM(0) Edit

 

10-2_R.jpg


寮生初訪日、ナハ基金設立

 

2000年度(タイ歴2543年)さくらプロジェクト・タイ スタッフ

ジョイ・ロンチャイカム(寮長)

ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)

マニー・セイハーン(寮母)

ナセ・エブ(寮母)

ミボ・ベチュグ(寮母)

シラ・ジャガ(運転手)

三輪隆(コーディネーター)

志賀宏(ボランティア)

堀川守正(ボランティア)

さくら寮生141

 

200041 早朝さくら寮生日本研修生一行が成田到着。


2000
4
  寮生のナハ・ジャプーさんが突発性血小板減少性紫斑病と診断され、脾臓摘出手術を受けてチェンラーイ公立病院に入院していたが、症状が改善せず、再度骨髄検査をうけた結果、再生不良性貧血であることが判明。治療法として骨髄移植にもっとも大きな希望があることを医師から告げられる。


2000
4
22 東京・芝浦工業大学で「第14回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」が開催される。訪日中のさくらプロジェクト寮生6名の送別会も開かれる。里親有志の会の提案により、「ナハちゃん救済基金」の募金活動が開始される。

ScanImage00020002.jpg
ナハ・ジャプーさん


200069 懸命の治療と看護の甲斐なくナハさんが脳内出血のため永眠。


2000
7
11  さくら通信第20号発行。闘病していたナハさんのために、100人を超える支援者から約300万円の寄付金が集まり、これを今後寮生が事故に遭ったときや難病にかかったときの医療費として「ナハ基金」として役立てていくことを報告。


2000
9
10日 ラフ族の寮生ナヨー・ジャルーが膿瘍摘出手術を受け、ナハさん治療のために集まった寄付金「ナハ基金」の初の適用者となる。手術は成功し、その後ナヨは回復。


2000
12
5 さくら通信第21号発行。


2001
1
26 テレビ大阪の番組「ボランティア21」でさくらプロジェクトが取り上げられ、放送される。畑聰一教授がスタジオ出演。


2001
2
17 23日 3回「さくら寮をたずねる会」(通称里親ツアー)が実施される。9名の里親の方々が参加。

スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

三輪隆

Author:三輪隆
1955年岐阜県生まれ。写真家・文筆家。タイ在住26年。さくらプロジェクト代表。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。