さくらプロジェクトのブログ

タイ北部チェンラーイで活動する山地民の子どもたちのための教育支援NGO「さくらプロジェクト」代表の三輪隆が綴るさくら寮での日々

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらプロジェクト活動年表

2012/04/09 15:46 ジャンル: Category:さくらプロジェクト活動年表
TB(1) | CM(0) Edit

さくらプロジェクト・タイ活動年表

[1991~2011]


さくらプロジェクト設立

1986年1月  三輪隆初訪タイ、これ以後タイ北部での取材、調査活動がメインとなる。
1990年9月 三輪隆他執筆・撮影による「地球の歩き方フロンティア タイ北部山岳民族を訪ねて」(ダイヤモンド社)発刊される。この一冊のガイドブックが当時、建築人類学の観点からタイ山岳民族の集落の生成に関心を寄せていた芝浦工業大学建築工学科の畑教授と三輪を結びつける機縁になる。
1990年11月 芝浦工業大学建築工学科の畑聰一教授、写真家の北田英治氏および学生数名がチェンラーイ県山地民の住居調査のため、初めてチェンラーイを訪れ、三輪を案内人としてアカ族メーモン村などの集落調査を実施。その際、三輪と畑教授のあいだでタイ山地民の子どもたちへの教育支援の可能性について話し合われる。
1990年12月 三輪隆、畑聰一助教授(当時)が東京・芝浦で会談し、三輪隆を代表に、畑聰一助教授を日本事務局長としてタイ山地民の子どもたちへの教育支援NGO組織(生徒寮の建設と運営)を発足させることで合意。寮建設の資金は、同じ頃チェンラーイの三輪のもとを訪ねてきた、東京の中村清彌氏(故人・当時株式会社日新工業社長)が提供を申し出る。中村氏は当時すでに在タイのミャンマー難民支援をはじめており、タイ北部に新たな支援の場を模索していた。
1991年3月1日 チェンラーイ県ムアン郡リムコック区ナムラット村403番地のユナイテッド・ヴィレッジ・スクールに隣接するヨハン・チェムー氏(アカ族)宅の敷地内で山岳民族の子ども達のための学生寮の建設工事が始まる。畑教授をはじめ、三輪、志賀宏、山崎久勇、芝浦工業大学建築工学科畑研究室の学生および岩崎学園の学生ら約20名も参加。当時ヨハン・チェムー氏はこのプロジェクトに賛同し、無償での土地提供を申し出た。
1991年3月 約1年かけての入寮生調査がスタート。三輪と日本人ボランティア小原靖弘がチェンラーイ県、チェンマイ県、パヤオ県、ナーン県、メーホンソン県など100以上の村で6民族1500名以上の生徒を調査する。


1991年度
8名の寮生でスタート、寮建設開始!

1991年度(タイ歴2534年)さくらプロジェクト・タイ スタッフ
ヨハン・チェムー(コーディネーター)
三輪隆(ボランティア)
小原靖弘(ボランティア)
清水郁郎(ボランティア)
寮生8名

1991年4月 畑聰一、三輪隆、志賀宏、清水郁郎、ヨハン・チェムー氏ほか芝浦工大の学生らが寮建設中のナムラット村にて会議。この教育支援プロジェクトを「さくらプロジェクト」と命名、建設中の寮もその名前をとって「さくら寮」と名づけることに決定。
1991年5月 前年よりヨハン氏の敷地内の仮設宿舎に寄宿し、さくらプロジェクトとして援助することが決まっていた8名のアカ族の子どもたちが、第一期さくら寮生して生活をはじめる。
1991年6月1日 タイ山地民の子どもたちのための教育支援活動。タイ山地民の保健医療・福祉・厚生・人権のための援助活動。タイ山地民の文化・社会の調査・研究・保護活動。タイ山地民とタイ人、日本人の相互文化交流活動などを設立の目的にかかげ、さくらプロジェクトが正式に設立される。
1991年6月15日 さくらプロジェクトの活動を報告するさくら通信第1号が発行される。
同時に東京・芝浦工業大学芝浦校舎において、さくらプロジェクトの活動内容報告、タイ山地民の現況など、畑と三輪の講演を中心とした「第1回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」が開催される。
1991年8月 再び芝浦工業大学建築工学科畑研究室の学生、岩崎学園の学生、そして杉野女子大学の学生ら約30名がボランティアとしてさくら寮の建設工事に参加する。
1991年9月 チェンラーイ県メースアイ郡一帯で雨期の集中豪雨による大洪水が発生。特に被害の大きかったトンプラオ村には、さくらプロジェクトとして救援活動に参加。古着、生活用品などを配布する。
1991年10月22日 さくら通信第2号発行。同時に東京・芝浦工業大学にて「第2回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」が開催される。
1992年3月 さくら寮完成。総工費608409バーツ(約350万円)。



1992年度
さくら寮開寮

1992年度(タイ歴2535年)さくらプロジェクト・タイ スタッフ
ヨハン・チェムー(寮長)
アミ・チェゴン(寮母)
セレ・チェムー(寮母)
カニカー・カンプラスク(寮母)
三輪隆(ボランティア)
小原靖弘(ボランティア)
西村美紀(ボランティア)
安達英信(ボランティア)
さくら寮生58名

1992年4月6日 さくら通信第3号発行。
1992年5月11日 さくらプロジェクト・タイ・スタッフによる初めてのミーティングが開かれる。一部の寮生が入寮開始。
1992年5月12日 さくら寮入寮日。この日よりフリーのテレビディレクター、瀬川正仁氏によるテレビ東京のドキュメンタリー番組製作のための取材が始まる。
1992年5月16日 午前9時半より、さくら寮の開寮式。ユナイテッド・ヴィレッジ・スクールのプラパン理事長、ウィチャイ校長、ナムラット村村長、そして寮建設資金提供者の中村清彌氏、21世紀農場の谷口巳三郎氏、リス生徒寮の中野穂積氏らを招いてさくら寮前でおこなわれる。幼稚園児から高校生まで58人がさくら寮のメンバーとなる。
1992年6月11日 テレビ東京系列にてさくら寮の開寮までを追った番組「さくら寮INタイ」(ディレクター・瀬川正仁氏、スポンサー・東京都)が放映される。
1992年6月19日 さくら通信第4号発行。東京・芝浦工業大学にて「第3回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」開催。
1992年7月 さくら寮の二つ目の寄宿施設をユナイテッド・ヴィレッジ・スクールの敷地内に建設する許可が学校からえられ、第2さくら寮(すみれ寮と命名)建設計画がスタートする。芝浦工業大学建築工学科大学院生木村剛士を中心に同大学大学院卒業生の清水郁郎、現地カレン族の建築士の3人によってすみれ寮の設計図が書かれる。
1992年10月9日 東京で「里親の会」開催。
1992年10月30日 さくら通信第5号発行。東京・芝浦工業大学にて「第4回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」開催。
1992年11月 すみれ寮設計のため1992年12月 有償ボランティアとして里親である高沢安喜さんが東京事務局の事務の仕事を受け持つ。
1992年12月3日 東京西北ロータリークラブの資金援助によるすみれ寮建設工事が始まる。
1992年12月20日 日本人中野穂積さんが運営するチェンラーイ県メースアイ郡の山地民学生寮「リス生徒寮」とのスポーツ交流大会をチェンラーイ県メースアイ郡のリス生徒寮で開催。
1993年3月6日 さくら寮で初めての入寮生選抜試験実施。35名の合格枠をめぐり、書類選考で選ばれた110名の子どもたちが受験。(以後,毎年月に入寮選考会を実施)

1993年度
すみれ館開寮

1993年度(タイ歴2536年)さくらプロジェクト・タイ スタッフ
ヨハン・チェムー(寮長)
アミ・チェゴン(寮母)
セレ・チェムー(寮母)
ナコーイ(ジュリラット)・バンブー(寮母)
ジョイ・ロンチャイカム(寮母)
三輪隆(ボランティア)
小原靖弘(ボランティア)
清水郁郎(ボランティア)
安達英信(ボランティア)
さくら寮生86名

1993年4月1日 さくら通信第6号発行。
1993年4月 すみれ館完成。総工費約1300000バーツ。
1993年4月 郵政省に国際ボランティア貯金寄付金の交付を申請する。
1993年5月18日 夕方より学校関係者、地元住民を招き、すみれ寮開寮セレモニーがおこなわれる。さくら寮は男子寮、すみれ寮は女子寮として使用することになる。
1993年6月21日 郵政省より「山岳民族の子どものための寄宿舎建設、運営」にたいしての国際ボランティア貯金寄付金の交付先に選ばれ、郵政省(当時)でおこなわれた通知式で郵政大臣による配分決定通知書を交付される。配分金総額7695000円。(うち、ひまわり寮建設工事費675万円、寄宿舎備品購入費945000円)
1993年7月1日 さくら通信第7号発行。
1993年7月3日 「第5回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」および第2回里親会が芝浦工業大学で開催される。
1993年10月6日 国際ボランティア貯金の交付対象団体に選ばれたさくらプロジェクトの活動内容とタイ山地民の生活を写した写真数点が東京高輪郵便局で展示される。(11月1日まで)
1993年10月 30日 さくら通信第8号発行。芝浦工業大学にて「第6回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」開催。
1994年2月1日 三輪隆、プラパン・タサニヤコーン氏(ユナイテッド・ヴィレッジ・スクール理事長)、建築工事実施業者の3者でひまわり寮建設工事に関する契約書に調印。
1994年2月2日 ひまわり寮建設工事始まる。
1994年2月24日 チェンラーイ県にあるアカ族の村メーモン村で村の家屋、家畜のほとんどが焼失する大火災が発生。同日、さくらプロジェクトから小原靖弘が現地を視察。米、古着などの配給支援の準備を開始。
1994年2月25日 三輪およびさくらプロジェクト・タイ スタッフのジュリラット・パンブー、芝浦工業大学建築工学科大学院生の神田淳、さくら寮の寮生2人がメーモン村への救援物資を届けるため車をチャーターし、米約1.5トンを積みメーモン村に向かい、山地民福祉局を通じて、村人たちに配布、支給する。
1994年3月7日 三輪、ジュリラット・パンブー、小原靖弘の3名がジャトーブー村に出向き、ジャトーブー村地域の管轄であるルアミット村小学校校長とジャトーブー村における小学校分室設置問題について懇談。
1994年3月20日 さくらプロジェクトが20000バーツの資金援助をし、木材、竹、茅などを用い、村人たちによってジャトーブー村に校舎の建設が始まる。
1994年3月25日 郵政省貯金局・国際ボランティア貯金推進室の小林良和氏がひまわり寮建設現場を視察。
1994年3月31日 ルアミット村小学校ジャトーブー村分室完成。

1994年度
ひまわり館開寮、ジャトーブー村小学校支援開始

1994年度(タイ歴2537年)さくらプロジェクト・タイ スタッフ
アミ・チェゴン(寮長)
ナコーイ(ジュリラット)・バンブー(寮母)
ジョイ・ロンチャイカム(寮母)
ナド・ヤパー(寮母)
センサク・アイ(ジャトーブー村小学校教員)
三輪隆(ボランティア)
小原靖弘(ボランティア)
清水郁郎(ボランティア)
中野学(ボランティア)
さくら寮生97名

1994年4月1日 さくら通信第9号発行。
1994年4月20日 アカ族のセンサック・アイを常勤の教員、さくらプロジェクト・タイのスタッフでもあるラフ族のジュリラット・パンブーを非常勤の教員兼小学校の責任者とし、ルアミット村小学校ジャトーブー村分室に派遣することを決定する。
1994年4月 ひまわり寮完成。総工費約1500000バーツ(675万円)。
1994年4月 郵政省に国際ボランティア貯金寄付金の交付2件を申請。
1994年5月 さくらプロジェクト元スタッフのヨハン・チェムー氏にさくら寮の施設が譲渡される。ヨハン氏はさくらプロジェクトを離れ、独自に寮運営をすることになる。初代さくら寮の施設はのちに「若竹寮」と改名される。
1994年5月 ひまわり寮がオープンし、旧さくら寮の男子生徒がすべてひまわり寮に移る。新年度の寮生は97名に。
1994年5月10日 チェンラーイ県社会福祉局とチェンラーイ県メーチャン郡にある山地民福祉局からジャトーブー村小学校がルアミット村小学校分教室としての認可を受ける。
1994年6月20日 ジャトーブー村小学校開校。生徒数は46名。
1994年6月 郵政省国際ボランティア貯金寄付金申請分2件のうち、チェンラーイ県ジャトーブー村における小学校の建設及び運営に関する1件の申請が認められ、運営資金が郵政省より配分される。配分金総額740000円(うち、教育費274000円、教員人件費493000円)
1994年7月1日 さくら通信第10号発行。東京・芝浦工業大学にて「第7回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」開催。
1994年7月9日 里親の谷正直氏が経営する奈良市内のペンション「奈良倶楽部」にて関西在住の支援者を対象に三輪隆の講演会とさくらプロジェクトの報告会。
1995年1月 阪神大震災発生。ボランティアでさくら寮に滞在中の中野学の実家が被災。
1995年2月 三輪、テレビ朝日「ネイチャリング・スペシャル」のタイ・ロケのコーディネーターとしてチェンラーイ県のホイサン村、ナーン県などに同行。リス族、ムラブリ族の集落で通訳を行なう。
1995年3月 中野学、1年間の体験ボランティア生活を終えて帰国。

1995年度
郵政省視察団来訪

1995年度(タイ歴2538年)さくらプロジェクト・タイ スタッフ
アミ・チェゴン(寮長)
ナコーイ(ジュリラット)・バンブー(寮母)
ジョイ・ロンチャイカム(寮母)
ナヘ・ジャヘラー(ジャトーブー村小学校教員 ただし年度途中で退職)
シティチャイ・ジャヘラー(ジャトーブー村小学校教員 ただし年度途中で退職)
ガイ(ブアパン)・アイチャー(寮母ただし年度途中よりジャトーブー村小学校教員)
三輪隆(ボランティア)
小原靖弘(ボランティア)
さくら寮生99名

1995年4月 郵政省に国際ボランティア貯金寄付金申請。
1995年6月 郵政省国際ボランティア貯金寄付金申請が認められ、ジャトーブー村小学校運営費として資金が配分される。配分金総額71500円(うち、教育費123000円、給食費100000円、教員人件費372000円)
1995年6月24日 さくら通信第11号発行。東京・芝浦工業大学において「第8回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」開催。
1995年6月30日 滋賀県大津市の田上中学校で三輪がさくらプロジェクトの紹介をテーマにした講演会を開催。
1995年7月1日 滋賀県大津市の西光寺で、関西の里親、支援者を対象とした三輪の報告会、講演会が開催される。
1995年8月 ジャトーブー村小学校台所建設開始。
1995年8月6日 チェンラーイ県メーチャン郡にある山地民福祉局の研修所で山地民の女性たちによって縫製された学生服をさくらプロジェクトで買い取り、ルアミット村小学校ジャトーブー村分室の生徒に配布。
1995年8月24日 ジャトーブー村分室の給食室完成。
1995年9月1日 ルアミット村小学校ジャトーブー村分室で子どもたちへの昼の給食支援開始。
1995年11月12日~13日 郵政省貯金局、NGO活動推進センター、そして預金者を代表する自治体首長からなる郵政省ボランティア貯金援助プロジェクト視察団がチェンラーイのさくらプロジェクトを訪問。チェンラーイにあるひまわり寮、すみれ寮およびルアミット村小学校ジャトーブー村分室などを視察。
1995年11月26日 ユナイテッド・ヴィレッジ・スクールのグランドで周辺の6つの山地民学生寮対抗球技大会が開かれ、さくらプロジェクトが総合優勝。
1995年12月3日 さくらプロジェクト生徒寮とリス生徒寮との親善スポーツ大会がユナイテッド・ヴィレッジ・スクールのグラウンドでおこなわれる。
1996年 1月 チェンマイ県メーアイ郡にあるラフ族のドイレム村への水道敷設計画がまとまる。
1996年2月1日 さくら通信第12号発行。
1996年3月 さくらプロジェクト中学3年卒寮生20名がバンコク、サメット島へ卒寮旅行。バンコク在住の里親、白子富三郎さんも同行。(白子さんは1997年8月、バンコクにて逝去される)

1996年度
ホイメリアム小学校支援開始、ドイレム村に水道設備

1996年度(タイ歴2539年)さくらプロジェクト・タイ・スタッフ
アミ・チェゴン(寮長 ただし5月をもって退職)
ジュリラット・パンブー(アミの退職後、5月より寮長を引き継ぐ)
ジョイ・ロンチャイカム(寮母)
ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)
クリヤンカイ・サムケオ(運転手)
アロン・ゲイサン(ジャトーブー村小学校教員 ただし途中退職)
ヨーン・プラブン(ジャトーブー村小学校教員 ただし途中退職)
三輪隆(ボランティア)
小原靖弘(ボランティア)
さくら寮生93名

1996年4月 郵政省に国際ボランティア貯金寄付金3件を申請。
1996年5月 東京西北ロータリークラブから施設建設資金が寄付され、山地民の文化を記録、紹介し、同時に交流を目的とする施設「文化交流会館」の建設計画が決定。
1996年5月 チェンラーイ県ムアン郡ホイチョンプー地区ホイメリアム村小中学校に隣接するラフ族寮(パラン寮)に朝、夕食費、生活用品援助を開始
1996年6月 郵政省国際ボランティア貯金寄付金申請分3件の配分が決定する。配分金総額1500000円。内訳は1.ジャトーブー村小学校運営費(校舎修繕費53000円、教員宿舎修繕費38000円、教育費219000円、教員人件費453000円)2.ドイレム村簡易水道建設プロジェクト(306000円)、3.ホイメリアム村小中学校生徒寮への支援プロジェクト(給食費183000円、教材費64000円、医療費8000円、寄宿舎維持費13000円)
1996年6月28日 さくら通信第13号発行。東京・芝浦工業大学にて「第9回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」開催。
1996年8月 ナムラット村に交流会館建設のための土地を800000バーツで購入する。約900平方メートル。芝浦工業大学建築工学科大学院生鳥越一成が交流会館設計のため来タイ、三輪と打ち合わせ。
1996年10月5日 チェンマイ県メーアイ郡ドイレム村にて水道工事開始。
1996年10月14日 ドイレム村水道工事貯水タンク完成。
1996年10月14日 深夜、さくらプロジェクト・タイの寮長であるジュリラット・パンブーが三輪とともに12日間の日程で日本研修旅行に。東京、大阪、奈良、岐阜などに滞在。
1996年10月19日 訪日中のジュリラット・パンブーを囲んで、大阪で「里親の会」開催。
1996年10月21日 里親の谷正直さん経営のペンション「奈良倶楽部」にて、関西在住の里親が中心になり、ジュリラット・パンブーの歓迎会およびさくらプロジェクトの報告会。
1996年10月26日 さくら通信第14号発行。さくらプロジェクト・タイのジュリラット・パンブーの訪日に合わせて東京・芝浦工業大学にて「第10回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」開催。三輪と芝浦工業大学建築工学科大学院生鳥越一成、交流会館基本計画案について打ち合わせ。
1997年1月11日 ドイレム村水道工事完成セレモニーがおこなわれる。これ以後水道にかんするメンテナンスは村民の自主管理となり、ドイレム村水道援助プロジェクトは完了する。
1997年2月 テレビ東京「ドキュメンタリー人間劇場」の撮影スタッフが、さくらプロジェクトの寮を題材にしたドキュメンタリー番組を制作するために約2週間にわたってさくら寮を取材する。
1997年3月 交流会館建築工事業者決定し、契約調印。建築工事が始まる。

1997年度
アジア通貨危機 さくらプロジェクトがテレビで紹介される

1997年度(タイ歴2540年)さくらプロジェクト・タイ スタッフ
ジュリラット・パンブー(寮長)
ジョイ・ロンチャイカム(寮母)
ガイ・(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)
クリヤンカイ・サムケオ(運転手)
三輪隆(ボランティア)
さくら寮生104名

1997年4月 郵政省に国際ボランティア貯金寄付金申請。
1997年4月 22日~26日 ホイメリアム村小中学校内で新寄宿舎の建設開始。パラン村、ティセ村、ジャハ村、ハジャオ村、ゲルアン村の父兄たちが集まり、竹と茅を用いて男女別棟の寄宿舎が完成。同時に炊事小屋、食堂も改築される。
1997年4月23日 テレビ東京「ドキュメンタリー人間劇場」で三輪およびさくら寮を取材したドキュメント番組『忘れないで 心の歌を』が放送される。翌日から日本事務局への里親申し込み、問い合わせ電話が殺到する。
1997年5月 畑聰一教授訪タイ、交流会館建設現場を視察。
1997年6月 ジャトーブー村小学校運営資金、ホイメリアム村小中学校パラン寮運営資金として郵政省国際ボランティア貯金寄付金が配分される。配分総額は2020000円。内訳は1、ルアミット村小学校ジャトーブー村分教室への支援(教員寄宿舎増築費87000円、教育費205000円、給食費209000円、教育人件費509000円)2、ホイメリアム村小中学校パラン寮運営費の支援(給食費354000円、教材費99000円、生活用品費、医療費9000円、寮母意人件費48000円、寄宿舎増築費436000円)。
1997年6月28日 さくら通信第15号発行。東京・芝浦工業大学にて「第11回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」開催。
1997年8月 里親の三枝紀雄様・令子様ご夫妻来寮。ご厚意により、寮生全員、チェンマイへの遠足が実現する。
1997年10月 JICA(国際協力事業団)の農業研修旅行団がさくらプロジェクト・タイの寮を訪問し、ジャトーブー村などを視察、また寮生たちとの交流会が開かれる。
1997年11月 ~22日 郵政省ボランティア貯金の預金代表者によるさくらプロジェクト・タイへの視察がおこなわれる。さくら寮をはじめ、郵政省ボランティア貯金の配分金で運営されているジャトーブー村小学校、ホイメリアム村小中学校パラン寮を視察する。
1997年12月 歌手の五木ひろしさんがチャリティーコンサートの売り上げの1部約500万円をさくらプロジェクトに寄付。贈呈式の模様が12月30日にテレビ東京にて放送される。
1998年2月 ナムラット村にタイ山岳民族文化交流会館完成。総工費約1730000バーツ。
1998年2月18日 タイ山岳民族文化交流開館の落成式開催。資金協力は東京西北ロータリークラブ。




1998年度
文化交流会館完成

1998年度(タイ歴2541年)さくらプロジェクト・タイ スタッフ
ジュリラット(ナコーイ)・バンブー(寮長ただし年度途中にて退職)
ジョイ・ロンチャイカム(寮母 ジュリラット退職後、寮長に)
ガイ(ブアパン)・アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)
クリヤンカイ・サムケオ(運転手)
インチャン(ジャトーブー村小学校教員)
ナミチャ(寮母ただし途中退職)
ペッド・トラウォン(寮母)
三輪隆(コーディネーター)
さくら寮生132名

1998年4月 さくらプロジェクト・タイの公式ホームページが開設される。
1998年5月 1998年度新学期が始まる。
1998年6月27日 さくら通信第16号発行。東京・芝浦工業大学にて「第12回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」開催。
1998年8月 1997年末、歌手の五木ひろしさんから贈呈された寄付金と里親の三枝令子さんからの寄付をもとに、交流会館のとなりに新寄宿舎建設に着手。基本設計図面は前回の交流会館同様、芝浦工業大学建築工学科大学院生鳥越一成と三輪が共同でおこなう。
1998年9月 静岡県の清水中央ロータリークラブよりジャトーブー村小学校新校舎建設資金として180000バーツの寄付を受ける。
1998年10月20日 さくら通信第17号発行。
1998年12月 ジャトーブー村小学校新校舎の建設着工。
1999年1月 ジャトーブー村小学校新校舎完成。総工費200000バーツ。
1999年2月13日 ~17日 第1回「さくら寮をたずねる会」(通称里親ツアー)が実施され、12組17名の里親の方々が夕刻チェンラーイ空港に到着する。
1999年2月15日 ジャトーブー村にて、ジャトーブー村小学校新校舎竣工式典開催。主催はルアミット村小学校。学校関係者、ジャトーブー村住民のほか、校舎を寄贈した清水中央ロータリークラブのメンバー15名、第1回「さくら寮をたずねる会」でチェンラーイを訪問中の里親の方々17名が参加。
1999年3月 寮生・マリサー・チャクソンダムロンがさくら卒業生では初めてチェンマイ大学)社会学部)に合格。

1999年度
しらゆり館寮完成! 山岳民族資料館開館

1999年度(タイ歴2542年)さくらプロジェクト・タイ スタッフ
ジョイ・ロンチャイカム(寮長)
ガイ(ブアパン)・アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)
サティアン・パーンカワン(運転手ただし途中退職)
ソムケート・トラウォン(運転手)
マニー・セイハーン(寮母)
ナセ・エブ(寮母)
三輪隆(コーディネーター)
志賀宏(ボランティア)
さくら寮生148名

1999年5月 交流会館裏手に新寄宿舎・しらゆり寮が完成。総工費210000バーツ(約7000000円)。
1999年6月5日 しらゆり寮完成式典開催。建設資金の一部を寄付してくださった里親の三枝紀雄・令子ご夫妻、ユナイテッド・ヴィレッジ・スクール校長、チェンラーイ社会福祉局の局長、日本大使館チェンマイ駐在官事務所の白鳥氏らを招いておこなわれる。
1999年6月26日 さくら通信第18号発行。東京・芝浦工業大学にて「第13回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」開催。1992年より7年間日本事務局を支えてきた高澤安喜さんにかわり、青井順子さんが日本事務局の事務作業を引き継ぐ。
1999年11月3日 11月3日から11月8日までの予定で第2回「さくら寮をたずねる会」ツアーが実施され、4名の里親の方々が参加。
1999年11月26日 さくら通信第19号発行。
2000年2月13日 東京西北ロータリークラブの支援により交流会館3階に完成した「山岳民族文化資料展示室」が開館。東京西北ロータリークラブの方々を招いてテープカットがおこなわれる。
2000年2月24日 清水中央ロータリークラブによるさくらプロジェクトの寮生たちのためのスクールバス(トヨタ・ハイエース)の寄贈式がさくら寮にておこなわれる。引き続き交流会館中庭にて清水中央ロータリークラブにより、合歓の木の記念植樹がおこなわれる。
2000年3月 寮生のオラピン・ペッパチャラークンがチェンマイ大学医学部看護学科に合格、ウィチャイ・セイヤーンがバンコクのタマサート大学工学部に合格。
2000年3月17日 寮生のブンタム・モンコンロートクン君(アカ族)が学期休みで実家に帰省中、村の近くの池で深みにはまり、溺死。現役の寮生ではじめての死亡事故となる。
2000年3月31日 三輪の引率で寮生代表6名(カンポン・セイチャオ、タニン・ムンチャカー、ウィタヤー・スックカセムサクン、マリサー・チャイクソンダムロン、オンチラー・セイリー、ティカンポン・ウティブンチャイ)が日本研修旅行に出発。清水中央ロータリークラブおよび里親有志のバックアップを得て、東京周辺および静岡県清水市および関東周辺にホームステイして、文化交流と研修をする。

2000年度
寮生初訪日、ナハ基金設立

2000年度(タイ歴2543年)さくらプロジェクト・タイ スタッフ
ジョイ・ロンチャイカム(寮長)
ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)
マニー・セイハーン(寮母)
ナセ・エブ(寮母)
ミボ・ベチュグ(寮母)
シラ・ジャガ(運転手)
三輪隆(コーディネーター)
志賀宏(ボランティア)
堀川守正(ボランティア)
さくら寮生141名

2000年4月1日 早朝さくら寮生日本研修生一行が成田到着。
2000年4月 寮生のナハ・ジャプーさんが突発性血小板減少性紫斑病と診断され、脾臓摘出手術を受けてチェンラーイ公立病院に入院していたが、症状が改善せず、再度骨髄検査をうけた結果、再生不良性貧血であることが判明。治療法として骨髄移植にもっとも大きな希望があることを医師から告げられる。
2000年4月22日 東京・芝浦工業大学で「第14回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」が開催される。訪日中のさくらプロジェクト寮生6名の送別会も開かれる。里親有志の会の提案により、「ナハちゃん救済基金」の募金活動が開始される。
2000年6月9日 懸命の治療と看護の甲斐なくナハさんが脳内出血のため永眠。
2000年7月11日 さくら通信第20号発行。闘病していたナハさんのために、100人を超える支援者から約300万円の寄付金が集まり、これを今後寮生が事故に遭ったときや難病にかかったときの医療費として「ナハ基金」として役立てていくことを報告。
2000年9月10日 ラフ族の寮生ナヨー・ジャルーが膿瘍摘出手術を受け、ナハさん治療のために集まった寄付金「ナハ基金」の初の適用者となる。手術は成功し、その後ナヨは回復。
2000年12月5日 さくら通信第21号発行。
2001年1月26日 テレビ大阪の番組「ボランティア21」でさくらプロジェクトが取り上げられ、放送される。畑聰一教授がスタジオ出演。
2001年2月17日 ~23日 第3回「さくら寮をたずねる会」(通称里親ツアー)が実施される。9名の里親の方々が参加。
2001年度
さくらプロジェクト発足10周年

2001年度(タイ歴2544年)さくらプロジェクト・タイ スタッフ
ヌッチャナー(ジョイ)・ロンチャイカム(寮長)
ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)
マニー・セイハーン(寮母)
ナセ・エブ(寮母)
ミボ・ベチュグ(寮母)
シラ・ジャガ(運転手)
カンポン・チャオワタナーサクン(スタッフ)
三輪隆(代表・コーディネーター)
志賀宏(ボランティア)
さくら寮生148名

2001年4月6日 前年に引き続き清水中央ロータリークラブのバックアップにより4月6日から4月22日までの日程で寮生5名(チュチャート・セイリー、ウィラット・ウィセットガムワシン、マンセン・セイチャオ、ラダワン・セイハーン、ヨニ・ヤプー)およびスタッフのジョイ・ロンチャイカムの計6名が三輪の引率により、文化交流と研修の目的で日本へ出発。東京周辺、静岡県清水市、奈良、大阪に滞在。
2001年4月21日 東京・芝浦工業大学で「第15回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」が開催される。
2001年5月1日 さくらプロジェクトのスタッフおよび年長の寮生約30名がホンオー村小学校にて、老朽化した宿舎の修繕作業を開始。
2001年5月15日 ホンオー村小学校寮に23名の子どもたちが入寮。
2001年5月17日 2001年度サハサートスクサー・スクール新学期開始。
2001年6月28日 さくら通信第22号発行。
2001年10月21日 バンコク・シリキット王女会議センターでおこなわれている国際ボランティア年祭でタイのチュアイ・ブンロン副首相より三輪が「優秀ボランティア賞」の表彰を受ける。
2001年10月23日 寮生チュチャート・セイリー(ヤオ族)がダムロン高校の最優秀生徒に選出され、新聞にも紹介される。寮生のアンカーン・レチュー(アカ族)もサマーキー中学の優秀生徒として表彰される。
2001年11月 里親の小暮克彦様の寄付により、寮内に子どもたち用の図書室が完成。
2001年11月13日 本日よりルアミット村寄宿舎建設工事が始まる。建設資金は里親の阿部周彦氏の寄付による。
2002年1月25日 さくら通信第23号発行。
2002年3月 寮生のチュチャート・セイリー(ダムロン高校)がチェンマイ大学に合格。
2002年3月30日 畑教授多忙のため、日本事務局が芝浦工大畑研究室から里親有志に暫定的に引き継がれる。新事務局スタッフは、石田公也・恵子、岡山豊・陽子、風間茂・玉美、金子泰輔、近藤鈴男・聡美、菅原範子、久富淳司・静江。畑聰一教授にはアドバイザーとして後方から支援していただくことになった。

2002年度
日本事務局が新スタッフで始動。ルアミット寮開寮

2002年度(タイ歴2545年)さくらプロジェクト・タイ スタッフ
ヌッチャナー(ジョイ)・ロンチャイカム(寮長)
ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)
マニー・セイハーン(寮母)
ニラッチャラー(ナセ)・エブ(寮母)
アリサー(ミボ)・ベチュグ(寮母)
スティダー・ブレ(寮母)
アチャヤシット・ウィラワットポンサトン(運転手)
カンポン・チャオワタナーサクン(ルアミット村寮寮長、ジャトーブー村小学校教員)
ナミシ・ブレ(ルアミット村寮寮母)
三輪隆(代表・コーディネーター)
志賀宏(ボランティア)
さくら寮生141名


2002年4月1日 日本事務局が芝浦工業大学畑研究室から移転し、事務局長は畑聡一教授にかわって風間茂が就任し、事務作業は青井順子から久富淳司、静江に受け継がれる。
2002年5月13日 さくら寮新学期スタート。ルアミット村寮、26名の寮生を受け入れて開寮。カンポン・チャオワタナーサクンが初代寮長として就任。
2002年6月29日 さくら通信第24号発行。東京・芝浦工業大学にて「第16回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」開催。
2002年7月4日 国際基督教大学3年生の永野りさ、インターンシップの活動として来寮。ホンオー寮にて1ヶ月間ボランティア。(8月3日まで)永野はこのボランティアが機縁となって後にJICAに就職。
2002年7月13日 さくら寮講堂(さくらー清水中央ホール)建設開始。
2002年9月8日 バンコクの社会福祉局のスタッフが、さくらプロジェクトを視察。
2002年9月12日 ルアミット村寮増築工事開始。
2002年9月17日 福岡のABCキルト・ジャパンのメンバーが、さくら寮を訪問。ボランティア・キルターが作成した約80枚の赤ちゃん用の敷布がさくらプロジェクトに託される。これらのキルトはエイズ孤児となった赤ちゃんをはじめとして、山岳民族の村の貧しい子供たちに配られる。
2002年10月20日 約1万人が参加した王母記念ドイ・トゥン市民マラソンに、社会福祉局のNGO組織代表としてさくらプロジェクトのスタッフ、寮生12名が出場。寮生のミントラー・イェルグが17歳~29歳の女子部門で5位に入賞する。
2002年10月28日 TBSテレビの新番組『世界どこでもハローワーク』の取材班が、さくらプロジェクトを訪れる。
2002年12月14日、15日 パヤオ県のシャンティ寮で、日本のNGOが支援母体になっている四つの山岳民族生徒寮(さくら寮、暁寮、シャンティ寮、パヤオYMCA)合同による毎年恒例の四寮友好スポーツ大会が開催される。
2002年12月8日 さくら通信第25号発行
2002年12月18日 里親有志による、さくら寮の子供たちを訪ねる会が実施される。
2002年12月23日 さくら寮生日本研修旅行メンバーがチェンラーイを出発。
2003年1月6日 訪日した寮生一同、さくらエコホームなどを支援している静岡市のエコ21グループの新年総会にゲストとして出席。三輪の講演および子供達が山岳民族の踊りを披露する。
2003年1月28日 三輪、タイ南部トラン県にてサカイ族の調査。
2003年2月10日 さくらー清水中央ホールの贈呈式。日本から、清水中央ロータリークラブ会長の水野一保氏ほか10名の会員が参加。
2003年3月2日 ルアミット村さくらエコホーム開寮式。施設の建設資金を寄贈していただいたエコ21グループの鈴木社長、エコ・インターナショナルの山田社長をはじめ、社員の方々20名が参加。チェンラーイ県知事による祝辞およびテープカット。
2003年3月21日 この日を限りにホンオー寮を引き払う。ホンオー寮生たちは次年度よりさくら寮および、さくらエコホームに移転。
2003年3月25日 ルアミット村さくらエコホームの寮生スラデッド・ジャケー君がメーコック川で溺れて行方不明に。翌日遺体で発見される。

2003年度 タイ歴2546年

さくらエコホーム、新施設でスタート

2003年度さくらプロジェクト タイ スタッフ
ヌッチャナート(ジョイ)・ロンチャイカム(寮長)
ガイ(ブアパン)・アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)
アリサー・ベチュグ(寮母)
アチャヤシット・ウィラワットポンサトン(運転手・12月まで)
カンポン・チャオワタナーサクン(さくらエコホーム寮長)
マニー・セイハーン(さくらエコホーム寮母)
カラヤー・ジャレー(さくらエコホーム寮母)
ナチュ・エチュ(さくらエコホーム寮母)
ナボイ・ジャチェ(さくら寮食事係・12月まで)
三輪隆(代表・ボランティア)
志賀宏(ボランティア)
さくら寮生143名(学期開始時)
さくらエコホーム寮生38名(学期開始時)


2003年6月12日 さくら通信第26号発行
2003年6月21日 東京・芝浦工業大学で「第17回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」開催される。同時に民芸品バザールも開催。顧問の畑聡一先生が特別講演。
2003年6月28日 新橋の生涯学習センター3階にて、「日本海時代の祭典」の例会の講演として、三輪がタイの山岳少数民族の生活について講演。
2003年7月9日 ルアミットさくらエコホームの横の土地約600平方メートルを村人より購入。土地売買契約を交わす。
2003年7月23日 ボランティアの永野りさ来寮(29日まで)
2003年7月26日 里親の平野靖子さんが図書購入基金200万円を寄付。
2003年8月10日 さくらプロジェクトのタイ行政サイドのカウンターパートである社会開発人間福祉省の省長のパニット女史ほか、チェンラーイの社会開発局のスタッフ十数人が視察のため来寮。予算規模に見合った支援児童の数の拡大、支援内容の充実、また山岳民族文化交流会館、とくに山岳民族資料室の開設(民族文化の保存)やさくらー清水中央ホールの建設、さくらエコホームなど諸施設の充実などが評価された。
2003年8月15日 ルアミット村さくらエコホームにて、さくらエコマート開店記念式典。来賓としてルアミット村の村長がテープカット。民芸品と寮の子供達のお菓子、日用品の販売をするエコホーム直営のミニストア。資本金30000バーツ。
2003年8月22日 法政大学法学部政治学科国際開発協力論後藤ゼミの学生11人が来寮。三輪にインタビュー。
2003年9月24日 福岡より、昨年に続き、ABCキルト・ジャパンのメンバー13人が来寮。(ABCキルト・ジャパンは、日本全国のボランティア・キルターによるキルトの布を製作し、それをアジア各国のHIVに感染した子供たちやエイズ孤児に贈る活動を展開するグループ)メーチャン地区病院やAIDS関連のNGO・ドリームメーカー、アクセスなどを視察。
2003年11月6日 里親視察団一行(近藤聡美さん、阿部周彦さんご夫妻、風間玉美さん、愛子さん母娘、原良子さん、渡辺道子さんの計7名)がチェンラーイ到着。(11月10日まで、ロイクラトンなどの祭り見学、寮生と交流をはかる)
2003年12月6日 ウィンパパオの暁寮にて、この日から2日間にわたり、第4回4寮親善スポーツ大会が開催される。さくらプロジェクトのほか、暁寮、シャンティ寮、パヤオYMCAが参加。
2004年1月12日 さくら通信第27号発行
2004年2月5日 交流会館横の土地(154平方メートル)を137000バーツで購入。契約書に調印する。
2004年2月14日 ナティ・パテの里親の伊藤憲史さん、ソンクリン・シースワンの里親の中田一弘さん、豊橋南ライオンズクラブのメンバーで社会福祉委員長の田中孝志さんほか9名が来寮。豊橋南ライオンズクラブでのチャリティ・バザーの収益金の一部(10万円)をさくらプロジェクトに寄付。
2004年2月27日 メーチャンの山岳民族開発支援センター内で行われた山岳民族文化フェスティバルに参加。さくら寮生たちも民族衣装でステージに上がり、踊りを披露。

2004年度 タイ歴2547年

ジョイさんが慢性腎不全のため透析治療を開始、募金の輪広がる

2004年度さくらプロジェクト タイ スタッフ
ヌッチャナート(ジョイ)・ロンチャイカム(寮長)
ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)
アリサー(ミボ)・ベチュグ(寮母)
カンポン・チャオワタナーサクン(さくらエコホーム寮長)
マニー・セイハーン(さくらエコホーム寮母)
ヌッサラー・セイクー(さくらエコホーム寮母)
テン・セイラオ(運転手・6月まで)
カンチャナ・セイハーン(さくら寮食事係)
三輪隆(代表・ボランティア)
志賀宏(ボランティア)
さくら寮生139名(新学期開始時)
さくらエコホーム寮生35名(新学期開始時)

2004年4月17日 2004年度さくら寮新入寮生選抜試験。書類選考を通過した受験生30名が一泊二日で筆記試験や面接を受ける。
2004年5月14日 寮長のスタッフのヌッチャナート・ロンジャイカム(ジョイ)が、慢性腎不全の治療として連続携行式腹膜透析(CAPD)を実施することになり、そのための準備として、スリブリン病院にて腹部にカテーテルを埋め込む手術を受ける。
2004年6月12日 三輪とカンポン、日本平ホテルで開催された清水中央ロータリークラブの15周年記念式典に参加。
2004年6月19日 東京・芝浦工業大学にて、「第18回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」開催。49名が参加。WEBカメラを通して里親とチェンラーイの寮生たちとの交流が実現する。同時に民芸品バザールも開催。
2004年7月14日 ABCキルト・ジャパンのメンバーの10名が、バンコクで開催された国際エイズ会議への参加を機に、さくら寮を訪問。5月4日に急逝された主幹メンバー藤本喬氏の遺志を継いで、故・藤本氏の浄財、その後の募金などをもとに「たかし基金」が設立され、さくらプロジェクトに寄贈されることになる。
2004年7月20日 交流会館横にて、複合学習施設の建設はじまる。
2004年8月12日 さくら通信第28号発行
2004年10月26日 さくらエコホームの建設資金などを協力してくださっている、おなじみエコジャパン21グループ(鈴木修二社長)の傘下のひとつ(株)横浜エコハウスより、藤田社長以下社員のみなさん19名が、社員旅行の一環として、さくらエコホームおよびさくら寮を訪問。
2004年12月 さくら寮がホストとなり、毎年恒例の四寮スポーツ大会が開かれる。
2004年12月17日~23日 里親ツアー。8名が参加。
2004年12月18日 さくら寮内クリスマス会開催される。
2005年2月1日 さくら通信第29号発行
2005年3月5日 さくらエデュケーショナル・センター竣工式がエコ21グループ鈴木修二代表ほか社員のかたがた、チェンラーイ社会開発局局長、サハサートスクール理事長、校長などの来賓を迎えて執り行われる。


2005年度 タイ歴2548年
さくら教育センターがオープン
2005年度さくらプロジェクト タイ スタッフ
ヌッチャナート(ジョイ)・ロンチャイカム(寮長)
アリサー(ミボ)・ベチュグ(寮母)
ミユ・セパク(寮母)
ナチュ・リフー(さくら寮食事係)
カンチャナ・セイハーン(さくら寮食事係)
ブンチャイ・センチャン(さくらエコホーム寮長)
ナドゥ・プハー(さくらエコホーム寮母)
ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)
ジャガ・セイラーン(運転手)
三輪隆(代表・ボランティア)
志賀宏(ボランティア)
寮生141名

2005年4月7日~21日 寮生4名(ラッポン・ワタナソンパン、ピンパー・サックモンコンサクン、スリワン・ジャプー、ラダー・アタポンプーシット)が三輪の引率により、文化交流と研修の目的で日本へ出発。東京、岐阜、飛騨高山、豊橋などに滞在。
2005年6月22日~24日 オランダ・フルフォード基金スタッフのハリー・ミューセン氏がさくらプロジェクトを視察。
2005年8月15日 さくら通信第30号発行。
2005年11月16日~19日 ハリー・ミューセン氏がさくら寮を再訪し、フルフォード基金により2007年度から3年間のさくらプロジェクトへの奨学金の支援が決定される。
2005年12月17日~18日 パヤオ県のYMCA寮がホストとなり、毎年恒例の四寮スポーツ大会が開かれる。
2006年2月15日 さくら通信31号発行


2006年度 タイ歴2549年
ジョイさん逝く。フルフォード基金より奨学金支援始まる
2006年度さくらプロジェクト タイ スタッフ
ヌッチャナート(ジョイ)・ロンチャイカム(寮長)(7月、逝去)
アリサー(ミボ)・ベチュグ(寮母)
カンチャナ・セイハーン(さくら寮食事係)
ニラー・セイリー(さくらエコホーム寮母)
ナドゥ・プハー(さくらエコホーム寮母)
ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)
ノイ・ルアキットチャイヤー(運転手)
アンポン・シリパンチョンクン(寮母)
カンポン・チャオワタナーサクン(寮長)
三輪隆 (代表・ボランティア)
志賀宏(ボランティア)
岸田直子(ボランティア)
さくら寮生150名 さくらエコホーム39名。

2006年6月8日~23日 さくらプロジェクト代表三輪隆が日本へ一時帰国し、日本での滞在中、日本の支援者たちのために報告会を開く。
2006年7月8日 さくら寮寮長ヌッチャナート・ロンチャイカムが慢性腎不全とその合併症のため、2年あまりの闘病生活ののち逝去。本人の希望により、さくら寮内でお通夜が執り行われ、チェンラーイのカトリック教会で葬儀が行われる。 
2006年8月 岐阜市のギャラリー「一休庵」にて三輪隆写真展「タイ・黄金の三角地帯―山地民の子どもたちとともに」開催。
2006年8月12日、13日 寮内スポーツ大会が開かれる。
2006年8月31日 さくら通信第32号発行
2006年11月23日、24日 チェンマイ在住のシニアボランティアでチェンマイ民族博物館の映像制作の仕事をしている日本人、長澤潔氏がさくらプロジェクトを訪問し、山岳民族の子供を題材にドキュメントを撮影。三輪およびさくらプロジェクトが取材協力。
2006年12月9日、10日 さくら寮を含めたチェンラーイ県の生徒寮2つとパヤオ県の生徒寮2つが合同になっての友好を深めるための4寮スポーツ大会がパヤオ県のサンティー寮で開かれる。
2006年12月27日~2007年1月6日 千里金蘭大学の平井和子教授、武庫川女子大学の大野佳美教授が山岳民族の栄養、食事に関しての調査をするため、さくら寮へやってくる。さくらプロジェクト代表三輪隆と寮生たちが教授を山岳民族の村々へと案内し、聞き取り調査が行われる。
2007年1月7日 チェンマイで開催中の世界園芸博覧会にスタッフの引率で寮生140人が見学。
2007年3月 大阪千里金蘭女子大学の平井和子教授の指導により、ドイメーサロンさんの梅の実を使った梅肉エキスをさくらプロジェクトで実験的に生産する活動が始まる。子どもたちの現金収入の一環として期待される。
2007年3月30日 さくら通信第33号発行

2007年度 タイ歴2550年
横浜で三輪隆写真展、第5回寮生訪日研修実施

2007年度さくらプロジェクト タイ スタッフ
カンポン・チャオワタナーサクン(寮長)
アリサー(ミボ)・ベチュグ(寮母)
カンチャナ・セイハーン(さくら寮食事係)
ニラー・セイリー(さくらエコホーム寮母)
アユ・セドゥク(さくらエコホーム寮母)
ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)
ラッポン・ワタナソンパン(運転手)
ウィラット・ウィセットガムワシン
アンポン・シリパンチョンクン(寮母)
三輪隆 (代表・ボランティア)
志賀宏(ボランティア)
さくら寮生147名 さくらエコホーム39名。

2007年4月1日~17日 さくらプロジェクト代表三輪隆が文化交流と日本文化体験のためにタンヤポーン・スパープポチャナー、デッスリチャイ・エウ、ジャルニー・ソカク(以上寮生)、カンチャナ・セイハーン(さくらプロジェクト・スタッフ)の4名を寮生日本に連れて行く。神奈川、京都、滋賀、岐阜、千葉などを訪問。
2007年4月3日~8日 横浜市の「あーすぷらざ」にて三輪隆写真展「タイ・山地民の生活と文化」が開催される。訪日中の寮生、スタッフ4名も、連日アシスタントとして会場に出向する。
2007年4月 さくらプロジェクト発起人の一人である中村清彌氏、バンコクで逝去。
2007年7月9日 ヌッチャナート・ロンジャイカムの一周忌、交流会館の横にジョイ・メモリアルガーデンをオープンさせる。
2007年8月13日、14日 チェンマイ民族博物館による山岳民族文化のドキュメンタリー撮影にさくらプロジェクトが協力する。ラフ族、アカ族、ヤオ族に伝わる歌垣の実演を収録する。
2007年9月16日 さくら通信第34号発行
2007年10月6日、7日 東京日比谷公園で開催されたグローバルフェスタにさくらプロジェクトも5回目の出展。三輪が今年初参加。
2007年10月13日 東京芝浦工業大学豊洲校舎にてさくらプロジェクト支援者の会合第21回「タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」が開かれ、三輪が講演及びさくら寮の活動を報告する。
2007年10月14日~23日 さくら寮の男子寮生6人が学校から選ばれて、タイ国王の生誕80周年を祝う行事の一貫として出家する。
2007年12月8日、9日 さくら寮を含めたチェンラーイ県の生徒寮2つとパヤオ県の生徒寮が合同になっての友好を深めるための3寮スポーツ大会がチャンライ県ウィアンパパオ郡のルンアルン寮で開かれる。
2008年1月8日~2008年1月13日 芝浦工業大学建築工学科畑聡一教授と研究室の学生たちが山岳民族の住居調査をするため、チェンラーイ来訪。三輪が畑教授と学生たちを山岳民族の村々へと案内し、調査が行われる。
2008年3月16日 さくら通信第35号発行


2008年度 タイ歴2551年
リーマンショック 日本事務局畑研から清水研に引継ぎ
2008年度さくらプロジェクト タイ スタッフ
カンポン・チャオワタナーサクン(寮長)
アリサー(ミボ)・ベチュグ(寮母)
カンチャナ・セイハーン(さくら寮食事係)
ニラー・パッソンアナコット(さくらエコホーム寮母)
ペン・ジャチョン(5月より)
タンヤラット・シースワン(6月より)
アユ・セドゥク(さくらエコホーム寮母)11月まで
ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)
ラッポン・ワタナソンパン(運転手)
三輪隆 (代表・ボランティア)
志賀宏(ボランティア)
さくら寮生121名 さくらエコホーム35名。


2008年4月 さくら寮の卒業生であるタンヤポーン・スパープポチャナー、ラッポン・ワタナソンパンの2名がさくらプロジェクトスタッフに加入。さくらプロジェクトスタッフ、ラオスに研修旅行(ボーテン、ルアンプラバン)
2008年5月 新スタッフとしてさくら寮卒業生のペン・ジャチョンとタンヤラット・シースワンが加入。
2008年6月 2010年度中にひまわり館、すみれ館をサハサートスクサー・スクールに開けわたし、新寄宿舎にすべて寮生を移転する検討を開始。
2008年8月 昭和女子大学松本淳准教授の引率による初等教育科学生のスタディーツアーがさくら寮を訪問。さくら寮の子どもたちと交流をはかる。
2008年9月 豊橋南ライオンズクラブよりミシン、パソコンなどの物品の寄贈を受ける。
2008年9月10日 さくら通信第36号発行(この号以降さくらプロジェクト・タイ事務局の編集・発行となる)
2008年10月4日、5日 日比谷公園で開催されたグローバルフェスタに参加。芝浦工業大学畑研究室の学生も参加。
2009年1月 春日部ロータリークラブ、春日部西ロータリークラブほかの寄付によりさくら寮に地下水を組み上げる簡易給水システムと貯水タンクの寄贈を受ける。1月22日に贈呈式が行われる。
2009年3月 スタッフのアリサー・ベチュグとカンチャナ・セイハーンが退職
2009年3月16日 さくら通信37号発行


2009年度 タイ歴2552年
新女子寮しみず館完成 第6回寮生訪日研修実施
2009年度さくらプロジェクト タイ スタッフ
カンポン・チャオワタナーサクン(寮長)
ペン・ジャチョン(さくら寮寮母)
タンヤラット・シースワン(経理)
タンヤポーン・スパープポチャナー(食事)3月まで
ニラー・パッソンアナコット(さくらエコホーム寮母)7月まで
ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)
ラッポン・ワタナソンパン(運転手)
サイプレー・セイラオ(寮母)5月より12月まで
ワナサナン・サポン(さくらエコホーム寮母)8月より
シリントラー・パテ(食事)2010年1月より
三輪隆 (代表・ボランティア)
志賀宏(ボランティア)9月まで
山中俊彦(10月より)
さくら寮生 112 名 さくらエコホーム33名。

2009年4月 静岡県の清水中央ロータリークラブ寄贈による「しみず館」完成。
2009年4月22日〜5月8日 第6回さくら寮生訪日研修旅行実施される。メンバーはメー・センヌワン、ナルモン・セドゥク、チンタナー・シースワンの3名。日本事務局事務局長が畑聰一芝浦工大名誉教授より清水郁郎芝浦工大准教授に引き継がれる。
2009年4月26日 第23回「タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」が芝浦工業大学豊洲校舎にて開催され、三輪が活動報告および講演。
2009年8月 芝浦工業大学建築工学科清水研究室の学生、タイ・チェンラーイのラフ族の村で集落調査。さくら寮の子供たちと交流を深める。
2009年8月 新スタッフのワナサナン・サポンがさくらエコホームの寮母に就任。
2009年9月1日 さくら通信第38号発行。
2009年9月6日 三輪、さくらプロジェクト現地スタッフのタンヤポーン・スパープポチャナーと結婚。
2009年10月 ボランティア・スタッフの志賀宏が帰国し、山中俊彦が新ボランティアスタッフとして加わる。
2009年10月3日、4日 東京日比谷公園で開催された外務省主催の「グローバルフェスタ」2009」に参加。
2010年2010年3月 JICAボランティアとしてチェンラーイ赴任中の高垣彩子さんが、任務外の自由時間を利用してさくら寮の子どもに日本語指導を開始。

2010年度 タイ歴2553年
新男子寮せいほく館完成 第7回寮生訪日研修実施

2010年度さくらプロジェクト タイ スタッフ
カンポン・チャオワタナーサクン(寮長)9月まで
ペン・ジャチョン(10月より寮長)
タンヤラット・シースワン(経理)
ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)
ラッポン・ワタナソンパン(運転手)
ワナサナン・サポン(さくらエコホーム寮母)
シリントラー・パテ(食事)
三輪隆 (代表・ボランティア)
山中俊彦(ボランティア)
さくら寮生99名 さくらエコホーム23名

2010年4月10日 さくら通信39号発行
2010年5月 しみず館開寮。すみれ館から女子寮生が転居を完了。
2010年6月12日 東京芝浦工業大学豊洲校舎にて開催された「第24回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」にて講演。
2010年8月 寮内スポーツ大会開催される。
2010年9月 寮長のカンポン・チャオワタナーサクンが国家公務員試験に合格して、10月1日付で文化省に入省。さくらプロジェクトを退職。寮長をペン・ジャチョンが引き継ぐ。
2010年9月10日 さくら通信第40号(創刊40号記念号)発行。
2010年10月 第7回寮生訪日研修が実施される。メンバーはノンヌット・パンブー、モリラット・ジャトー、チャワリット・ジャハケー、パニー・ムポ、ワサナー・ジャチョー、スウィモン・ジットパーヌポンの6名。10月2日、3日に日比谷公園で開催された外務省主催による国際協力活動の祭典「グローバルフェスタ」にも参加。神戸ではさくらプロジェクトの活動報告説明会開催。
2010年11月 新男子寮西北館が完成。11月より男子寮生がひまわり館から転居完了。これによりすみれ館、ひまわり館のふたつの施設がさくらプロジェクトの手を離れる。
2011年1月28日 さくら寮にて設立20周年記念式典および新男子寮「せいほく館」(東京西北ロータリークラブ寄贈)の贈呈式が行われる。


2011年度 タイ歴2554年
設立20周年 第8回寮生、スタッフ訪日研修実施
2011年度さくらプロジェクト タイ スタッフ
ペン・ジャチョン(寮長)
タンヤラット・シースワン
ワナサナン・サポン(さくらエコホーム寮母)
ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)
シリントラー・パテ(食事)
ラッポン・ワタナソンパン(運転手)
三輪隆 (代表・ボランティア)
山中(ボランティア)
木下奈津季(ボランティア)
さくら寮生86名 さくらエコホーム25名

2011年5月 立命館アジア太平洋大学に在学中の木下奈津季が10ヶ月間の体験ボランティア・スタッフとして来寮。
2011年5月10日 さくら通信第41号(設立20周年記念号)発行
2011年6月18日 東京芝浦工業大学豊洲校舎にて「第25回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」(芝浦工業大学清水研究室主催)開催され、講演。
2011年9月5日 さくら通信第42号発行
2011年9月30日〜10月13日 さくらプロジェクトスタッフのタンヤラット・シースワンと寮生のパジャリー・べセクが日本研修旅行に参加。10月1日、2日に日比谷公園で開催された外務省主催の海外協力の祭典「グローバルフェスタ2011」に参加。
2011年12月9日、10日 さくら寮にてウィンパパオのルンアルン・プロジェクト(中野穂積さん主宰)、パヤオ県のシャンティ財団の子どもたちと友好スポーツ大会開催。 
2011年12月24日 日本事務局長の清水郁郎氏(芝浦工業大学准教授)来寮。
2011年12月27日〜31日 三輪引率により現地スタッフのラオス研修旅行実施(ムアンシンとルアンプラバン)
スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめteみた.【さくら活動年表】
さくらプロジェクト・タイ活動年表[1991〜2011]さくらプロジェクト設立1986年1月三輪隆初訪タイ、これ以後タイ北部での取材、調査活動がメインとなる。1990年9月三輪隆(ペンネームはヤモ
[2012/04/09 15:55] まとめwoネタ速suru
プロフィール

三輪隆

Author:三輪隆
1955年岐阜県生まれ。写真家・文筆家。タイ在住26年。さくらプロジェクト代表。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。