さくらプロジェクトのブログ

タイ北部チェンラーイで活動する山地民の子どもたちのための教育支援NGO「さくらプロジェクト」代表の三輪隆が綴るさくら寮での日々

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスの明暗

2012/12/25 14:46 ジャンル: Category:さくら寮日誌
TB(0) | CM(0) Edit

IMG_0810_R.jpg



今年もさくらホールで年末恒例のクリスマス会が開催された。


今年は各学年別に構成されたチーム対抗の出し物、カラオケ選手権などのほか、各世代混合で4つにわけられたチームが優勝の副賞である『ムーカタ(焼肉)食べ放題』をめざしてアイデアを練り、約1カ月かけてひそかに準備を重ねてきた力作を熱演した。どのチームも気合が入っていて、見応え充分。みな、なかなかのエンターティナーである。演出や衣装、美術などのレベルは毎年上がっているし、子どもたちがその創造力を発揮できる環境も整い始めている。


ひと昔前までは、子どもたちはダンスや演劇に使うBGMを手に入れるだけでも一苦労で、私のところにも「BGMに使えそうな曲があったらテープかCDを貸してください」と相談にきていたものだ。私も自分のCDやテープのコレクションを総動員し、カセットデッキやMDレコーダーなどを使って夜遅くまでダビング編集の手伝いをしたものだ。それが今では誰もがパソコンやインターネットを駆使できる時代になり、
youtubeなどでダウンロードした曲をパソコン内で手際よく編集してBGMを仕上げている。技術の進歩はすざましい。

IMG_0346_R.jpg

 

さて、私たちチェンラーイ在住日本人オヤジバンドも、クリスマス会のステージで演奏させていただいた。今年は去年と違ってトリでなく、夕食後の1時間。最後だとプログラムが押しまくって出番が深夜になってしまい、眠りこんでしまう年寄りメンバーが若干名いるためである。


こちらも気合だけは十分で、1カ月前から三輪邸に毎週集合して特訓を重ねたのだが、この夜のライブはいつもと様子が違った。いつもはすぐにかぶりつきで踊ってくれるノリのいい寮生たちがまったく乗ってこない。完全に空振りだ。


なぜか。理由はどうも選曲にあったようだ。今年我々が演奏したのはタイ・ポップスではなく、洋楽、しかも30~40年前のオールド・ロックだった。レッド・ツェッペリン『ロックンロール』に始まり、ローリングストーンズの『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』、ディープパープルの『ブラックナイト』、クリームの『サンシャイン・オブ・ザ・ラブ』、イーグルスの『ホテル・カリフォルニア』、そしてチャック・ベリーの『ジョニー・B・グッド』と、40代以上のロックファンならだれでも知っている古典的名曲ばかり。だが、十代のさくら寮生でこれらの曲を一曲たりとも知っている者はいない。そりゃ、知るわけないか。いや、『ホテル・カリフォルニア』で踊れとは言いませんがね、せめて『ロックンロール』とか『ジョニー・B・グッド』ぐらいはねえ・・。結局一番受けたのは最後にやったLOSOの数曲だった。


やはり、寮生たちにはタイの歌しか受けないのか?


IMG_0069_R.jpg


実は数年前から少し気になっていたことがある。20年前のタイの若者たちって、もう少し洋楽に親しんでいたような気がする。ビートルズやサイモンとガーファンクル、ジョン・デンバーとかのカントリーミュージック、60年代のオールディーズとかフォークソングにも根強い人気があった。今でも中年のミュージシャンなんかはホテルのラウンジとか場末のパブんなんかで歌っている。


今回、必要があって、チェンマイの書店にコード表つきの洋楽の歌詞集を買いに行った。以前所有していたが紛失してしまい、買いなおすためである。60年代から70年代にかけてのロック、ポップスのナンバーが数千曲網羅された分厚い本がシリーズで3冊出ていた。ところが、10年前には平積みになっていたこの歌詞集がどこの書店からも忽然と消えていた。著作権問題でこじれて絶版になったのかもしれないし、なんでもネットでダウンロードの時代だから、そういう本が淘汰されるのは当然という考えもできるが、どの書店でも洋楽関係の歌本は一切見当たらない一方で、タイのロックやポップスのこうした歌詞、楽譜集は多種多様で、山のように売られているのだから、印刷媒体の衰退だけが理由ではなさそうだ。

IMG_0210_R.jpg


日本でも70年代、日本語の歌詞でロックをなんていうムーブメントがあったが、タイでもタクシン政権時代に、自国の製品、言語、文化を大事にしましょうみたいな国策が掲げられた記憶がある。音楽も国産で行きましょうってことか。これを文化におけるナショナリズムの高揚とみるのか、国内の音楽産業の成熟と見るのか。


まあ、アジアでは一番洋楽を聴くと言われている日本でも以前と比べると邦楽に比べて洋楽の売り上げシェアは落ち込んできているというから、これはアジア全体の傾向かもしれない。ま、最近は山岳民族の世界でも自民族言語でのポップスがヒットしているし、自分たちの言葉、歌詞で歌をうたうのは悪いことではないが。


こうなったら次は、チェンラーイのホコテンでの路上ライブで、ファランの中年観光客たちの前でやるしかないなあ。って、そこで受けなかったら、つまり単に私たちがヘタクソだったってことか。はっはっは。



IMG_0325_R.jpg

クリスマス会の様子。今年は予想通り、複数チームが「江南スタイル」の振りを取り入れてきた。日本のアニメの主題歌とAKBの曲も人気。

IMG_0019_R.jpg 
オヤジバンドのステージ

 

スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

三輪隆

Author:三輪隆
1955年岐阜県生まれ。写真家・文筆家。タイ在住26年。さくらプロジェクト代表。

カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。