さくらプロジェクトのブログ

タイ北部チェンラーイで活動する山地民の子どもたちのための教育支援NGO「さくらプロジェクト」代表の三輪隆が綴るさくら寮での日々

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年度

2012/04/14 19:14 ジャンル: Category:さくらプロジェクト活動年表
TB(1) | CM(0) Edit


設立20周年 第8回訪日研修実施

20syuunen.jpg 
せいほく館竣工セレモニー


2011年度さくらプロジェクト タイ スタッフ

ペン・ジャチョン(寮長)

タンヤラット・シースワン

ワナサナン・サポン(さくらエコホーム寮母)

ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)

シリントラー・パテ(食事)

ラッポン・ワタナソンパン(運転手)

三輪隆 (代表・ボランティア)

山中(ボランティア)

木下奈津季(ボランティア)

さくら寮生86名 さくらエコホーム25名

 

20115月 立命館アジア太平洋大学に在学中の木下奈津季が10ヶ月間の体験ボランティア・スタッフとして来寮。


2011
5月10日 さくら通信第41号(設立20周年記念号)発行


2011
6月18日 東京芝浦工業大学豊洲校舎にて「第25回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」(芝浦工業大学清水研究室主催)開催され、講演。


2011
9月5日 さくら通信第42号発行


2011
9月30日〜10月13日 さくらプロジェクトスタッフのタンヤラット・シースワンと寮生のパジャリー・べセクが日本研修旅行に参加。10月1日、2日に日比谷公園で開催された外務省主催の海外協力の祭典「グローバルフェスタ2011」に参加。


2011
12月9日、10日 さくら寮にてウィンパパオのルンアルン・プロジェクト(中野穂積さん主宰)、パヤオ県のシャンティ財団の子どもたちと友好スポーツ大会開催。 


2011
12月24日 日本事務局長の清水郁郎氏(芝浦工業大学准教授)来寮。


2011
12月27日〜31日 三輪引率により現地スタッフのラオス研修旅行実施(ムアンシンとルアンプラバン


IMG_7671_20120414191253.jpg 
スタッフ旅行でラオス・ムアンシンへ

スポンサーサイト

2010年度

2012/04/14 19:00 ジャンル: Category:さくらプロジェクト活動年表
TB(0) | CM(0) Edit

新男子寮せいほく館完成 第7回寮生訪日研修実施

17-8_R.jpg

 

2010年度さくらプロジェクト タイ スタッフ

カンポン・チャオワタナーサクン(寮長)9月まで

ペン・ジャチョン(10月より寮長)

タンヤラット・シースワン(経理)

ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)

ラッポン・ワタナソンパン(運転手)

ワナサナン・サポン(さくらエコホーム寮母)

シリントラー・パテ(食事)


三輪隆 (代表・ボランティア)

山中俊彦(ボランティア)

さくら寮生99名 さくらエコホーム23名

 

20104月10日 さくら通信39号発行


2010
5月 しみず館開寮。すみれ館から女子寮生が転居を完了。


2010
6月12日 東京芝浦工業大学豊洲校舎にて開催された「第24回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」にて講演。


2010
8月 寮内スポーツ大会開催される。


2010
9月 寮長のカンポン・チャオワタナーサクンが国家公務員試験に合格して、10月1日付で文化省に入省。さくらプロジェクトを退職。寮長をペン・ジャチョンが引き継ぐ。


2010
9月10日 さくら通信第40号(創刊40号記念号)発行。


2010
10月 第7回寮生訪日研修が実施される。メンバーはノンヌット・パンブー、モリラット・ジャトー、チャワリット・ジャハケー、パニー・ムポ、ワサナー・ジャチョー、スウィモン・ジットパーヌポンの6名。10月2日、3日に日比谷公園で開催された外務省主催による国際協力活動の祭典「グローバルフェスタ」にも参加。神戸ではさくらプロジェクトの活動報告説明会開催。


2010
11月 新男子寮西北館が完成。11月より男子寮生がひまわり館から転居完了。これによりすみれ館、ひまわり館のふたつの施設がさくらプロジェクトの手を離れる。


2011
1月28日 さくら寮にて設立20周年記念式典および新男子寮「せいほく館」(東京西北ロータリークラブ寄贈)の贈呈式が行われる。

 

137.jpg  
訪日寮生、原宿竹下通りで


2009年度

2012/04/14 18:51 ジャンル: Category:さくらプロジェクト活動年表
TB(0) | CM(0) Edit


新女子寮しみず館完成 第6回寮生訪日研修実施

16-5_R.jpg 
完成したばかりのしみず館の前で


2009年度さくらプロジェクト タイ スタッフ

カンポン・チャオワタナーサクン(寮長)

ペン・ジャチョン(さくら寮寮母)

タンヤラット・シースワン(経理)

タンヤポーン・スパープポチャナー(食事)3月まで

ニラー・パッソンアナコット(さくらエコホーム寮母)7月まで

ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)

ラッポン・ワタナソンパン(運転手)

サイプレー・セイラオ(寮母)5月より12月まで

ワナサナン・サポン(さくらエコホーム寮母)8月より

シリントラー・パテ(食事)2010年1月より

三輪隆 (代表・ボランティア)

志賀宏(ボランティア)9月まで

山中俊彦(10月より)

さくら寮生 112 名 さくらエコホーム33名。

 


2009
年4月
 静岡県の清水中央ロータリークラブ寄贈による「しみず館」完成。


2009
年4
月22日〜5月8日 第6回さくら寮生訪日研修旅行実施される。メンバーはメー・センヌワン、ナルモン・セドゥク、チンタナー・シースワンの3名。日本事務局事務局長が畑聰一芝浦工大名誉教授より清水郁郎芝浦工大准教授に引き継がれる。


2009
年4月26日
 第23回「タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」が芝浦工業大学豊洲校舎にて開催され、三輪が活動報告および講演。


2009
年8月 
芝浦工業大学建築工学科清水研究室の学生、タイ・チェンラーイのラフ族の村で集落調査。さくら寮の子供たちと交流を深める。


2009
年8月
 新スタッフのワナサナン・サポンがさくらエコホームの寮母に就任。


2009
年9月1日 
さくら通信第38号発行。


2009
年9月6日
 三輪、さくらプロジェクト現地スタッフのタンヤポーン・スパープポチャナーと結婚。


2009
年10月
 ボランティア・スタッフの志賀宏が帰国し、山中俊彦が新ボランティアスタッフとして加わる。


2009
年10月3日、4日
 東京日比谷公園で開催された外務省主催の「グローバルフェスタ」2009」に参加。


2010
年2010年3月
 JICAボランティアとしてチェンラーイ赴任中の高垣彩子さんが、任務外の自由時間を利用してさくら寮の子どもに日本語指導を開始。

16-4_R.jpg 
完成したばかりのしみず館の内部


2008年度

2012/04/14 18:37 ジャンル: Category:さくらプロジェクト活動年表
TB(0) | CM(0) Edit

 日本事務局、畑研究室から清水研究室に


061.jpg 
グローバルフェスタ2008に出展

2008年度さくらプロジェクト タイ スタッフ

カンポン・チャオワタナーサクン(寮長)

アリサー(ミボ)・ベチュグ(寮母)

カンチャナ・セイハーン(さくら寮食事係)

ニラー・パッソンアナコット(さくらエコホーム寮母)

ペン・ジャチョン(5月より)

タンヤラット・シースワン(6月より)

アユ・セドゥク(さくらエコホーム寮母)11月まで

ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)

ラッポン・ワタナソンパン(運転手)

三輪隆 (代表・ボランティア)

志賀宏(ボランティア)

さくら寮生121名 さくらエコホーム35名。

 

 

20084月 さくら寮の卒業生であるタンヤポーン・スパープポチャナー、ラッポン・ワタナソンパンの2名がさくらプロジェクトスタッフに加入。さくらプロジェクトスタッフ、ラオスに研修旅行(ボーテン、ルアンプラバン)


2008
年5月 
新スタッフとしてさくら寮卒業生のペン・ジャチョンとタンヤラット・シースワンが加入。


2008
年6月 
2010年度中にひまわり館、すみれ館をサハサートスクサー・スクールに開けわたし、新寄宿舎にすべて寮生を移転する検討を開始。


2008
年8月
 昭和女子大学松本淳准教授の引率による初等教育科学生のスタディーツアーがさくら寮を訪問。さくら寮の子どもたちと交流をはかる。


2008
年9月
 豊橋南ライオンズクラブよりミシン、パソコンなどの物品の寄贈を受ける。

003.jpg
ミシン購入に立ちあう豊橋ライオンズクラブ会長の鈴木さん(左)


20089月10日 さくら通信第36号発行(この号以降さくらプロジェクト・タイ事務局の編集・発行となる)


2008
10
月4日、5日 日比谷公園で開催されたグローバルフェスタに参加。芝浦工業大学畑研究室の学生も参加。


2009
年1月
 春日部ロータリークラブ、春日部西ロータリークラブほかの寄付によりさくら寮に地下水を組み上げる簡易給水システムと貯水タンクの寄贈を受ける。1月22日に贈呈式が行われる。


2009
年3月
 スタッフのアリサー・ベチュグとカンチャナ・セイハーンが退職


2009
年3月16日
 さくら通信37号発行

 

 


2007年度

2012/04/14 17:51 ジャンル: Category:さくらプロジェクト活動年表
TB(1) | CM(0) Edit

横浜で三輪隆写真展、第5回寮生訪日研修実施

 

015.jpg 
三輪隆写真展の会場で。訪日した寮生たちと里親の松下英子さん(中央)

2007年度さくらプロジェクト タイ スタッフ

カンポン・チャオワタナーサクン(寮長)

アリサー(ミボ)・ベチュグ(寮母)

カンチャナ・セイハーン(さくら寮食事係)

ニラー・セイリー(さくらエコホーム寮母)

アユ・セドゥク(さくらエコホーム寮母)

ガイ(ブアパン)アイチャー(ジャトーブー村小学校教員)

ラッポン・ワタナソンパン(運転手)

ウィラット・ウィセットガムワシン

アンポン・シリパンチョンクン(寮母)

三輪隆 (代表・ボランティア)

志賀宏(ボランティア)

さくら寮生147名 さくらエコホーム39名。

 


200741日~17 さくらプロジェクト代表三輪隆が文化交流と日本文化体験のためにタンヤポーン・スパープポチャナー、デッスリチャイ・エウ、ジャルニー・ソカク(以上寮生)、カンチャナ・セイハーン(さくらプロジェクト・スタッフ)の4名を寮生日本に連れて行く。神奈川、京都、滋賀、岐阜、千葉などを訪問。


2007
年4月3日~8日
 横浜市の「あーすぷらざ」にて三輪隆写真展「タイ・山地民の生活と文化」が開催される。訪日中の寮生、スタッフ4名も、連日アシスタントとして会場に出向する。


2007
4月 さくらプロジェクト発起人の一人である中村清彌氏、バンコクで逝去。

IMG_1875s.jpg
さくら寮で子どもたちと話す中村清彌さん(2006年8月撮影)


2007
7月9日 ヌッチャナート・ロンジャイカムの一周忌、交流会館の横にジョイ・メモリアルガーデンをオープンさせる。


2007
813日、14
 チェンマイ民族博物館による山岳民族文化のドキュメンタリー撮影にさくらプロジェクトが協力する。ラフ族、アカ族、ヤオ族に伝わる歌垣の実演を収録する。

 


2007
年9月16日 
さくら通信第34号発行


2007
年10月6日、7日
 東京日比谷公園で開催されたグローバルフェスタにさくらプロジェクトも5回目の出展。三輪が今年初参加。


2007
年10月13日
 東京芝浦工業大学豊洲校舎にてさくらプロジェクト支援者の会合第21回「タイ山岳民族の暮
らしを考える夕べ」が開かれ、三輪が講演及びさくら寮の活動を報告する。


2007
1014日~23
 さくら寮の男子寮生6人が学校から選ばれて、タイ国王の生誕80周年を祝う行事の一貫として出家する。


2007
128日、9日 
さくら寮を含めたチェンラーイ県の生徒寮2つとパヤオ県の生徒寮が合同になっての友好を深めるための3寮スポーツ大会がチャンライ県ウィアンパパオ郡のルンアルン寮で開かれる。


2008
18日~2008113
 芝浦工業大学建築工学科畑聡一教授と研究室の学生たちが山岳民族の住居調査をするため、チェンラーイ来訪。三輪が畑教授と学生たちを山岳民族の村々へと案内し、調査が行われる。


2008
3月16日 
さくら通信第35号発行

 


プロフィール

三輪隆

Author:三輪隆
1955年岐阜県生まれ。写真家・文筆家。タイ在住26年。さくらプロジェクト代表。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。